大学生になると、特に一人暮らしの学生はそうですが、生活費を稼ぐためにアルバイトを始める人が多くなります。

 

 

 

飲食店のホール、キッチン、コンビニエンスストア。

 

他にも、イベント関係のスタッフに、家庭教師など。

 

 

 

自分にあった仕事をしながら、ある意味楽しんで仕事をしている人もいるようですが、本来の目的はお給料をもらうこと。

 

そのため、ちょっと無理して「高額バイト」「高収入バイト」を選ぶという人も少なくないのだとか。

 

 

 

でも、たくさんお金を稼いだからと言って、その分暮らしが楽になるというわけではないのが辛いところ。

 

お金をたくさん稼ぎすぎると、ある段階から金銭感覚が変わってしまうのだそうです。

 

 

 

たとえば、バブル時代の不動産業界の人や芸能関係の人のように、使う金額がケタ違いに多くなってしまうのだとか。

 

そういえば、宝くじの高額当選者って、変なところにお金を使ってしまうから、あまり手元に残らないとか。

 

そんな話も良く聞きますよね。

金銭感覚というは変わるものだと思った方がいい/大事なお金について関連ページ

小遣いを増やす方法
預金通帳
月の食費の内容
オークションでお金儲け
アベノミスク相場で損しました